うさぎさんと暮らせば ~長男の視点から~

うさぎのリョウとの生活を、小3の長男カズくんの視点でお届けします。

6日目:学校のうさぎさんは、本当に大事にされているの?

今日はカズくんの小学校で臨時授業がある日でした。
ついでに授業も参観OKだったので、その様子を覗きながら学校探検することに…(((o(*゚▽゚*)o)))
保護者とはいえ、なかなか入る機会がないだけに、ちょっとドキドキ♪


校庭の隅にはうさぎ小屋がありました。
カズくんから多少聞いていたものの、実物を見たのは、何だかんだで初めて。


小屋を覗くと、親うさぎさんと思しき、茶色のうさぎさんと白色のうさぎさんが1羽ずつ。
あとは、まだ生まれて間もないのかな?小さいうさぎさんが2羽確認できました。


そういえば、ちょっと前の学校だよりで「うさぎさんが3羽生まれました!お名前募集してます!」というのが書いてあったっけ。


……あれ?あと1羽はどこに行ったんだろう??
きっとどこかに居るのかな?(・ω・`)
(居ると信じたい!!)


ただ、うさぎ小屋の環境が、なかなか過酷そうだなと思いました。


校庭の隅とはいえ、直射日光が差し込む鉄格子タイプ。
下の方は4~5段のブロック塀になっていた。


ゴハンは、キャベツが丸ままドーンと置かれているのと、ペレットか黒真珠(ウンチね(^_^;)か、わからないぐらいのものが、土の床に転がっていた。


水は……変えられているのかな?
でも、4羽家族で1つ。
大丈夫かな?(;´・ω・)ウーン・・・


風呂・トイレ無しの、3畳くらいのアパートという感じでした。


雨は多少凌げても、風や太陽光は凌げない。
当然、空調設備も無し。
冬はまだしも、夏は心配になるなぁ…。


……というか、子どもの授業参観もそこそこに、私は何を参観しているんでしょうね( ̄▽ ̄;)


カズくんにも今日見てきたことを話してみました。
すると、居るはずの1羽は既に亡くなってしまっているという事実を突きつけられ、


学校のうさぎさんたち、みんな可哀想だよね( ´・ω・`)
去年の夏に、保健室の先生に「うさぎさん暑くて可哀想だから氷ください」って言ったら、フツーに「ダメです」って言われた。


何でかなー?
学校の仲間なら大事にできないのかなぁ…(´-д-)-3


ボヤいてました。


カズくん自身も辛そうにしているのもあり、連絡帳にでも一筆書いてご意見申し上げようかなとも思うのですが…
ヨージさんに、頼むから、波風立てずに、カズくんが穏やかな学校生活が送れるようにしてやってくれ!!と嘆願され、何もできず(´;ω;`)


というか、私が意見すると面倒になると思ってるんだね、ヨージさん…(-ω-;)
(身に覚えが無いことはないけども…)


カズくんは、当然ながらリョウにも、学校うさぎさんのことは何度か話しているようで。

 

f:id:kazuandryo:20190511214640j:image


それ、飼ってるって言わないよな。
自分の暮らしが少しでも快適になるようにうさぎも努力してるだろうけども、飼うと決めたなら飼うなりの環境を考えてやれよ。


学校なんだから、そういうのを教えてくれるべきなんじゃないのか?


こんなことをうさぎさんに教えられるなんてねー(^_^;


というか、私は「飼う」って表現苦手だな。
一緒に暮らすんなら、どこか対等で居たいなと思ってしまう。


……いやー、難しいけども。
上手く言えないけどもね。


少なくとも、カズくんの学校うさぎさんは、これからも要見守りだと言えそうです。